「pulse」 Special Website :: CD詳細 | 試聴 | レコ発ライブ | コメント || PAGE TOP
Post
CD詳細 | 試聴 | レコ発ライブ | コメント || Post
UPDATES || 

【12/22】会場案内図

会場マップ


Share to : Post to Tumblr

【12/22】タイムテーブル発表!




A4 印刷用PDFファイルはこちら!



Share to : Post to Tumblr

2012年12月5日(水) カフカ × club乙 コンピレーションアルバム「pulse」発売決定!

全曲 新曲 (未収録音源) & 全曲 KINOTO にて RECORDING!!

jacket

カフカと渋谷club乙-kinoto-の監修のもと、今のキノトの
ギターロックシーンを代表するバンド12組からそれぞれ一曲ずつ、
完全新録で収録した珠玉の1枚!
超豪華コンピレーションアルバムここに誕生です!

------------------------------------------------------------------------------------------

税込定価:¥1,800/■ 税抜定価:¥1,715
<DQC-9025 (KSF-004)>

全国TOWER RECORDS限定発売

収録 楽曲/ ARTIST(12組 12曲)


release tour & release party 決定 !!

2012.12.08 (土)

at
大阪 LIVE SQUARE
2nd LINE

出演:カフカ / 限りなく透明な果実 / ヒツジツキ

open 17:30 / start 18:00  tickets ¥2,500 (税込/ドリンク代別)

チケット一般発売:2012年11月10日(土)〜
ぴあ/ローソン/イープラス/大阪 LIVE SQUARE 2nd LINEにて

(問) 大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE:06-6453-1985


2012.12.13 (木)

at 名古屋 ell.SIZE

出演:カフカ / fifi / pist

open 18:30 / start 19:00  tickets ¥2,500 (税込/ドリンク代別)

チケット一般発売:2012年11月10日(土)〜
ぴあ/ローソン/イープラス/名古屋 ell.SIZEにて

(問) 名古屋 ell.SIZE 052-211-3997


2012.12.22 (土)

at
渋谷club乙-kinoto-
渋谷DESEO

出演:
カフカ / aquarifa / 限りなく透明な果実 / ジョゼ / Cathy lost one's apricot yesterday /
shepherd / 篠山コウセイ (Suck a Stew Dry) / NON'SHEEP / where is my mind? / fifi /
pist (名古屋) / ヒツジツキ(大阪)
DJs: 高山都 / 松本明人 (真空ホロウ) / 砂川一黄 / 443708 (カフカ) /
ごむお (Wienners/SEVENTEEN AGAiN/乙) / 夏の魔法 / じゃいあん (乙・PHASE店長&誕生日前日)

open 15:00 / start 15:30  tickets ¥3,000 (税込/ドリンク代別)

チケット一般発売:2012年11月10日(土)〜
ローソン/イープラス/渋谷club乙-kinoto-にて
(Lコード:71224)

(問) 渋谷club乙-kinoto-:03-3780-1010 / 渋谷DESEO:03-5457-0303

収録アーティストからのコメント

カフカ コメント / Suck a Stew Dry コメント / 限りなく透明な果実 コメント
Cathy lost one's apricot yesterday コメント / ジョゼ コメント / fifi コメント
aquarifa コメント / NON'SHEEP コメント / ヒツジツキ コメント
where is my mind? コメント / pist コメント / shepherd コメント

kafuka
カフカ
「サヨナラ、13時」
よく晴れた空、淡々と続く授業、得体の知れない焦燥感。 あの頃、爆音でMD聴いてたら先生によく怒られました。 授業中に聴くときは音量注意で。

<Vo.Gt カネココウタ>


Share to : Post to Tumblr
カフカ プロフィール:

MEMBERS:
カネココウタ (Vo.Gt) / ヨシミナオヤ (Ba.Cho) / フジイダイシ (Dr.Cho)

“例えばどこにも存在しない世界の物語”
繊細なアルペジオとコードを奏でるギター、それを内包する荒々しく特徴的なドラムとベース。叙情的なメロディーは優しく深く感情に訴えかけ、相反する無垢なるゆえに持つ残酷性、童話の中に隠された真実を解くかのような鋭いリリックと拮抗し、儚くも独特な世界観を作り出す。 ライブは3ピースならではの緊張感の中、音源とは一味違う気迫迫るパフォーマンスを見せる。 どこにも存在しない世界の物語は、どこにでも存在する一人一人が持つ世界にどこかでリンクし、深い闇を微かな灯りで照らしている。



suck
Suck a Stew Dry
「Socio-」
社会的な能力が著しく欠落している子がいて、当たり前のように嫌われていたのですが、 僕も例にもれずその子が嫌いな時期がありました。 この子は本当にダメな奴だなぁと思いながら作った曲です。 Socio- という接頭語は「社会の~」という意味で、 社会心理学的なニュアンスを伝えたくて付けました。 最終的には自嘲も含んで、お互いさまだな、という感じです。

<Vo.Gt シノヤマコウセイ>


Share to : Post to Tumblr
Suck a Stew Dry プロフィール:

MEMBERS:
シノヤマコウセイ (Vo.Gt) / ハジオキクチ (Gt.Cho.Key) / フセタツアキ (Gt.Cho) / イタバシヒロチカ (Dr)
※ベースモウリスグルは12/7のライブで脱退のため、音源には未参加。

2009年、大学に進学するも夢もなく何もせずに生きていたシノヤマを、キクチか誘い結成。 シノヤマが宅録で作ったデモがオーディションで入賞したことを切っ掛けになんとなく本格的にバンド活動を開始。 現在メンバーの一人は現役大学生。 2011年11月、デビューミニアルバム「人間遊び」をリリース。 それに併せて初の全国ツアーを開催。 2012年7月、初のワンマンをソールドアウト。 2012年10月17日、2nd mini Albumをリリース。



限りなく透明な果実
限りなく透明な果実
「アルケミスト」
この歌が流星の隙間を縫って誰かに届いてほしいと願っていた。 朝焼け時、いつもの喫茶店でこの歌詞を書き上げたのを覚えている。

<Vo.Gt フクシマサトル>


Share to : Post to Tumblr
限りなく透明な果実 プロフィール:

MEMBERS:
フクシマサトル (Vo.Gt) / フクシマアキラ (Ba) / ニシカワユウスケ (Dr)

2011年にフクシマサトル(Vo.Gt)、フクシマアキラ(Ba)、ニシカワユウスケ(Dr) により結成されたギターロックバンド。3ピースでの最大限の化学反応をライブで表現する。歌はエモーショナルで詩はノスタルジックな物語。ライブハウス限定でデモ音源を販売するも即完。diskunion限定でリリースした初音源「サナトリウム.end」はdiskunionインディーズウィークリーチャートで初登場2位を獲得し、3週連続で4位をキープ。今後もっとも期待される超新星。



cathy
Cathy lost one's apricot yesterday
「静かになるまで 3 分かかりました」
タイトルから連想されるイメージ
歌詞
自分自身の経験

特に説明は不要なので自由に聴いて下さい。

<Lead Vo.Gt.Prog 吉田正人>


Share to : Post to Tumblr
Cathy lost one's apricot yesterday プロフィール:

MEMBERS:
吉田正人 (Lead Vo.Gt.Prog) / 今村友泰 (Gt.Synth) / ハジメ・ファンタジー (Ba) / 山田コウジロウ (Dr.Vo)

3枚の自主制作盤が話題を呼びディスクユニオンインディーチャートを賑わせた後、2011年末ART- SCHOOL戸高賢史をプロデュースに迎え「ミエナイミライ」待望の全国リリース。2012年より自主企画シリーズをいくつもソールドさせ、 きのこ帝国と共同し代官山UNITにて「RISKING DEATH」を成功に終える。口ずさめるメロディを主軸に、 洋邦年代問わず様々なビートや旋律を取り込みながら、00年代以降の「歌もの」を貪欲に追求する。



joze
ジョゼ
「Tenderness of tomorrow」
ライブではお馴染みの楽曲です。すーっと染み込んでいくような、とてもメロウな仕上がりになっています。”Tenderness of tomorrow” 許されていく。明日の存在は、いつだって優しい。

<Vo.Gt 羽深 創太>


Share to : Post to Tumblr
ジョゼ プロフィール:

MEMBERS:
羽深創太 (Vo.Gt) / 森卓也 (Ba) / 中神伸允 (Dr)

2010年結成、同年6月より下北沢、渋谷を中心にライブ活動開始。エッジの効いた曲調から包み込むような美しいドラマチックな曲調まで幅広くこなすス リーピースバンド。特に羽深(Vo.Gt)の透明で特徴的な声には中毒者が続出している。これまでに二枚のデモ(廃盤)、2012年3月には自主制作の ミニアルバム「weekend」をリリース、同日に渋谷club乙で行われたレコ発企画は一ヶ月前にソールドアウトさせた。現在も多数のイベントに出演し、東京に留まらず多方面でライブ活動を精力的に行っている。



fifi
fifi
「窓際に未来を」
新しい生活や環境は日が経つにつれの当前のことなり、それは日常と変化します。 そして新しい発見や出来事に盲目になってしまい、感動は薄くなり、最終的には発見しようとすらしなくなってしまう。 当たり前のことは当たり前ではない、そんな曲です。 どうぞ、午後のティータイムのお供に。

<Ba.Cho 坪井 敦史>


Share to : Post to Tumblr
fifi プロフィール:

MEMBERS:
植谷 佳之 (Vo.Gt) / 中村 勇介 (Vo.Gt) / 坪井 敦史 (Ba.Cho) / 仲 翔太郎 (Dr.Cho)

エモ、オルタナティブやディスコード系から影響を受けたバンドアンサンブルと、日本人特有の叙情的なメロディを合わせ持つギターロックバンド。中村と植谷 がそれぞれメインボーカルを歌い、さらにツインボーカルでのアプローチもする「3種の歌声」は唯一無二のギターロックバンドとして、新たなカテゴリのサウ ンドを作り出した。



nonsheep
NON'SHEEP
「舞い上がる」
“舞い上がれ 誰より非情になったって 救われた感覚は一生得られなくとも”

そうやって僕たちは這いつくばっていきます。

Share to : Post to Tumblr
NON'SHEEP プロフィール:

MEMBERS:
佐藤雄駿 (サトウユウタ/Vo.Gt) / 田子剛 (タゴツヨシ/Gt)
額賀康孝 (ヌカガヤスタカ/Dr) / 渡辺弘尚 (ワタナベヒロナオ/Ba)

前作で芥川賞作家・中村文則氏、お笑い芸人・ピース又吉氏、映画監督の緒方貴臣氏など数々の文化人・著名人からコメントを寄せられたり、Vo佐藤雄駿の小説「悪魔の飼育」(徳間書店)の出版や、文芸誌「読楽」での社会学者・古市憲寿氏と対談、TBSラジオ“文科系トークラジオLife”への論客としての出演等、ジャンルを超えた支持を得る文学系ロックバンド。最新作の「悪魔の飼育」はタイトルが示すとおり、小説と連動する内容。



aquarifa
aquarifa
「コキュウヘイサ」

「誰かのためです。」
何もできないこの手の理由なんて結局は自分のことばかりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな嘘つきを君は求めてくれるかな。呼吸をとめて、さようなら。
それでも、きみの声を待ってるよ。ごめんね、独りよがりなの。

<Vo.Gt 岩田 真知>


Share to : Post to Tumblr
aquarifa プロフィール:

MEMBERS:
岩田真知 (Vo.Gt) / 松川真也 (Gt) / 吉田拓人 (Ba) / リンタロウ (Dr)

エモーショナルで広大な楽曲、圧倒的なライブパフォーマンスが話題を呼び、早くからEMI&残響レコード主催イベントへの出演、SPICEレコーズやwild gun crazyのコンピへの参加を経験。過去に4枚の自主製作盤をリリースし、いずれもディスクユニオンのチャートで上位にランクイン。耳の早いリスナーから注目を集める。2012年4月待望の1stミニアルバム「scene」を全国リリース。 SUMMER SONIC 2012出演。 MINAMI WHEEL 2012出演。



hitsujitsuki
ヒツジツキ
「small war in the morning sun」
音楽を届けるという行為をしていく中で、本当に色々な事がありました。笑われ、捨てられ、見下され、辞めようかと思った事も一度や二度ではありません。前 述の乙もそうですが、そんな中でも僕らの音楽を必要としてくれて、楽しみにしてくれて、その活動を支えてくれている方達に何度も救われて、ここまで続けて これました。そんな人達への感謝の気持ち、あなたたちがいる限りは折れてなるものか、何度でも立ち上がってやろう、そうすればきっと、という思いを込めた 曲です。これは僕らの小さな戦争。

<Vo.Gt 堤 俊博>


Share to : Post to Tumblr
ヒツジツキ プロフィール:

MEMBERS:
堤俊博 (Vo.Gt) / 和田奈裕子 (Ba.Cho) / 宮田佳征 (Dr.Cho)

神戸京都大阪の関西三都に在住し、窓辺の多重奏を鳴らす文学系ギターロックの雄。Vo&G堤の作る一冊の本のような詩と楽曲、擦り切れそうなハイ トーンボイス、繊細な物語を大胆に表現するバンドサウンドで、全国的に名を広げる最重要スリーピースバンド。昨年ロッキング・オン主催 「RO69JACK」に入賞し、またタワーレコードお勧めバンド「タワレコメン」に選出されるなど、今急速に注目を集めている。全国タワーレコードで 1st「rumpus room」2nd「closet classic」 (共に7曲1500円) 発売中



whereis
where is my mind?
「ミレーナ」
曲を作っていると時々、作り始めた瞬間から全て出来てしまう時がある。まるで何年も演奏してきたかのように歌えてしまう。ミレーナはそういった曲だ。
これを書いたのは七年くらい前だが、今でもメロディー、歌詞、アレンジはほぼ変わっていない。こういう時はこの感覚に逆らわず素直に歌うのが、歌にとって、歌い手にとって一番幸せなことだろうと考える。 僕自身、ミレーナという曲に出会えてよかったと思っている。
少しでもあなたもそう思ってくれたら、ミレーナも少しだけ笑って喜んでくれるよ。

<Vo.Gt 吉田真之>


Share to : Post to Tumblr
where is my mind? プロフィール:

MEMBERS:
吉田真之 (Vo.Gt) / 木場孝行 (Gt) / wattch (Ba) / 坂手康人 (Dr)

2008年秋より、現メンバーで活動開始。 渋谷、下北沢などを中心に精力的に活動中。 2010年、自主制作で3部作の第1弾となるミニアルバム「Mary」をリリース。 各方面から高い評価を受ける。 2011年10月には、初の全国流通盤となる 3部作第2弾ミニアルバム「Lily」をリリース、全国5ヶ所にて、リリースツアーを敢行。 力強いリズム隊の上を、まるで泳ぐかのように浮遊するギターフレーズ。 そして、すべてを繋ぎとめるような言葉とメロディー、そして歌声。 時に繊細、時にアグレッシブなライブは、見る者を魅了する。 その世界観は寄り添うように優しく、突き放すように冷たい。



pist
pist
「closed TITLE」
新しい明日がくるように、と願いながら歌詞を書きました。
よくわからないところもあるかもしれませんが、是非聴いてみてください。

<Vo.Gt 坂 直樹>


Share to : Post to Tumblr
pist プロフィール:

MEMBERS:
坂 直樹 (Vo.Gt) / 早川 マサキ (Dr) / 小野寺 正樹 (Ba)

2008年結成。愛知県を中心に活動中。 あたたかい浮遊感を内包した鋭さ、最低限の声、楽器による音像。 ぼくらの、ぼくらによる、ぼくらのための音楽。



shepherd
shepherd
「虹のない空」
「虹のない空」は、言い換えれば、何もない空。青空、曇り空、雨の空、一言に「空」といっても色々あるけれど、見上げるその時やタイミングにより、その表情は様々に映るものです。いつか虹を見たあの日のおかげで、ただ綺麗なとある日の空を、「虹のない空」と呼ぶことができたのならば、それは素晴らしいこと。このコンピをイメージしてから、すぐにできた曲です。それだけ生まれるのを待っていた曲なのだと思っています。
なお、こんな素敵なコンピレーションのエンディングテーマにしてもらえて光栄です。ぜひ最初から最後まで聴いてね。途中でやめたら雷の空にしてやります。  

<Vo.Gt 中野 誠之>


Share to : Post to Tumblr
shepherd プロフィール:

MEMBERS:
中野 誠之 (Vo.Gt) / 今村 崇人 (Gt) / 神尾 将義 (Ba) / 日下部 順洋 (Dr)

日常とその奥の感情・情景を描写する文学的詞世界と、一見無機質ながらも芯のあるボーカルセンス、それらを生かす美しいメロディを融合させ、唯一無二の世界観を表現する。 ポップス・ロック・ポストロック・エレクトロニカ等様々な音楽の要素を取り入れて紡いだアンサンブルにより、歌を軸としつつも、楽曲にオリジナリティと広がりを持たせている。 2011年、ロッキンオン主催コンテスト「RO69JACK」にて優勝し、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011に出演を果たした。